ハウスクリーニングを開業する前にチェック

  1. ホーム
  2. 賃工場について

賃工場について

オフィス

優良な町工場向けの貸工場物件は減少

昭和の時代は全国各地に中小の工場がありましたので、自然な流れで貸工場の不動産市場も活気がありました。しかし現在では町工場は次々と閉鎖されており、需要が激減しています。価格も下落傾向で、貸工場の急激な需要増が見込めない地域ではほとんど新規の物件はありません。貸工場でなく、貸倉庫として紹介されている物件も多いです。値段が安くても治安が悪い地域は敬遠されています。近年需要のある食品加工工場は衛生の基準が高いので、中古物件でなく新規に建設されることが多いです。民間による貸工場の流通量が減りましたが、県や市などが運営する工業団地が代わりに需要の受け皿となりつつあります。新たな雇用が生まれることが県や市が工場団地を建設する理由です。これらの工業団地は行政の優遇政策や補助政策とセットになっていることが多いです。このことが、民間の貸工場の新規建設を抑制しているのも事実です。

貸工場の物件は民間だけでなく行政も紹介

貸工場の需要は昭和の時代に比べると激減しています。工場跡地にマンションが建っているのを見れば、工場よりも住宅地として開発した方が地主にとって有効なのでしょう。貸工場で民間の不動産市場に流通しているのは概ね築年数が古いものか敷地面積が狭いものです。敷地面積が広いものは、現在では県や市が開発した工業団地で探した方が良いです。県や市が開発した工業団地では更地だけでなく貸工場として使える物件もあります。雇用を増やすことができるのなら、いろいろな補助政策が使えることもあります。現在日本で最も新しく建てられている工場は食品加工工場です。雇用を必要とするタイプの工場ですので、行政側も積極的に誘致しています。工業団地の方が排水の問題なども手がかからないことが多いので、先ずは行政の窓口をあたった方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加